サイエンスZERO

前に録画していたNHK教育サイエンスZEROディープラーニングの回を見ました。特に、視覚系のディープラーニングはすごい!という印象の内容でしたね。可能性はあるのは確かなのですが、先週の岡谷先生のご講演(パーティクルフィルタ研究会 6月招待講演会)でうかがった話ですとディープラーニング(畳み込みニューラルネットワーク)は物体の位置検出や動画像認識はまだあまり得意としていないとのことで、それを踏まえると、人が持つ視覚系の認識能力により近づくには、もう何段かブレイクスルーが必要なのでしょうね。

とはいえ、現状の認識能力でも実用的な応用先はありますので、まずはそこから応用が進んでいくのでしょうね。産業用ロボットあたりへの応用かなぁ。サイエンスの世界では、例えば、人が気づかないような癌について機械がどのような特徴に基いて癌と判断しているのか?といった人と機械の機能的差異を活用した解析のほうが進んでいくのかなと思っています。

関連した話題ですが、今週の土曜日 7/9に、人工知能学会 インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング 第13回研究会にてチュートリアル講演をする予定です。ご関心のある方は、ぜひお越しいただければと存じます。

  これから始めるディープラーニング

  sigam - 第13回研究会プログラム

広告を非表示にする