結婚式・披露宴

ついに、結婚式と披露宴の当日を迎える。前日は緊張して眠れない人もいるという話をプランナーさんから聞いていたものの、二人ともよく寝た模様。9時半の集合時間ちょうどくらいに式場入りをする。

式場入りしてからは新郎控室に通され、着替えをして、美容師さんに髪のセット等をしてもらう。意外とゆっくりする時間もなく、親族控室に行くこともなく、控室でぼーっと過ごす。結局、結婚式のリハーサルまでは母と妻の義妹さん以外とは会わなかったな〜。

10時半から結婚式のリハーサル。式場のスタッフの方に動きの流れを教えてもらったけど、フローが沢山あって覚えられないよ〜、という困った状況になる。司会の方のアナウンスを頼りにアドリブで何とか乗り切ることにする。

そして、結婚式本番。妻のエスコートの際に歩くのが速いと言われたこと以外はそつなくこなせたと思う。両家の火を私たちの家に移す的なキャンドルイベントをやったけど、キャンドルに火を移した瞬間に勢い良く燃え上がったのにはビックリした。そして、二人がビックリした瞬間の写真をバッチリ取られてしまった…。式の後は写真撮影。ここでの写真が家族の記録としてずっと引き継がれるものだと思うとなかなか感慨深いものがある。

お昼からは披露宴。ほとんどのことは式場のスタッフの方が誘導してくれるので、レールに乗った感じでなすがままの状態になる。親族紹介はテンパってしまった。少し練習しておけば良かったと後悔する。お料理はお寿司とお刺身は食べられたけど、他のものを食べる余裕はなく、美味しそうなエビのボイルにも手をつけられなかった。残念…。イベントとしては、

  • ウェディングケーキカット
  • お色直し入場後、各テーブルをまわって写真撮影
  • プロフィールビデオの上映
  • 新郎・新婦からの挨拶
  • みなさんのお見送り

をこなし無事披露宴を終了する。自作のプロフィールビデオは好評で良かった。自分たちで作るとストーリーを練れるから、良いものになるのかなと色々感想を聞いて思った。

久しぶりに親戚一同が集まれたことは披露宴をやって良かったと思うところ。みんなが集まるのは祖母の葬儀以来な気がする。こういったことが無いとなかなか集まる機会が無いというのも寂しいものだけどね。

披露宴の後は自宅に持って帰らないといけない荷物をまとめ郵送の手続きをする。その後、実家に顔を出して一息ついて、妻の家族と一緒に晩御飯を「ラ・ヴィータ」に食べに行って、長い一日を終える。

f:id:okmt14:20161006213202j:plain

広告を非表示にする